若者の夢と志がニッポンを変える!! 学生特化型クラウドファンディング【アスレチック・ユニ・バース】


チャレンジャー

立命館大学 4年

平井一暢

1992年4月、小楠公眠る地・大阪府四條畷市生まれ。
現在、立命館大学スポーツ健康科学部4回生。
好きな歴史上の人物は、楠木正成・正行、吉田松陰。

サポーターの声

GOOD LUCK!
報告楽しみにしております!!

GOOD LUCK! 報告楽しみにしております!!

プロジェクト概要

はじめに
近年、LCC(格安航空)やSNSの普及により、世界との距離は一気に縮まってきました。一方で、アジアやその他の国々との国際問題を見ると、国と国の問題が絶えません。

世界が小さくなり、いつでもどこでもつながる事ができますが、心の部分でのつながりが薄いような気がします。

それは一体何故なのでしょうか?
僕たちにできることは、何なのでしょうか?

よく「歴史認識」という言葉が飛び交います。アジアとの関係性を考えると同時に、「日本という国は一体何なのだろうか?」という、素朴で大切な疑問も浮かんできました。

今回のクラウドファンディングのチャレンジは、「れきべん」と呼ばれる歴史勉強会で、全国で講師をされている、久野先生のご活動に感銘を受け、「海外に散らばった日本の記憶を収拾し、後世に受け継ごう!」という意志のもと企画しました。

今回、クラウドファンディングで渡航を希望するフィリピンは、日本とは非常に縁が深い国です。フィリピンに久野先生と赴き、現地に残る日本人の戦いの跡を辿り、記録に残していきます。

そのための資金を募ると同時に、一緒に現地を探索する参加者も募集します。

フィリピンは、日本とアメリカの戦地となった国です。多くの先人が亡くなった地でもあります。終戦から69年が経つ今年、今なお世界には戦争が行われている国があります。

戦争の恐ろしさがどんどん風化していく中、戦争の悲惨さ、必死の覚悟で国、家族、愛する人の為に若くして散っていった英霊の存在を、きちんと後世に引き継ぐ役割が、今を生きる者の使命だと思います。

そして、国を愛し、国を護れる、世界平和を目指せる日本人が一人でも増えたら、少しずつより良い世の中をつくっていけると思い、今回のチャレンジを決意致しました。


歴史を学び、日本に夢中に
こんにちは、立命館大学の平井一暢です。大学ではスポーツ教育を専攻しながら、スポーツとは関係がない、歴史に関する学びも深めています。

歴史を学ぶ理由は、日本の歴史を学び始め、しばらくした後の知覧一人旅にあります。特攻隊の生き方、命の考え方、大切な人を守る本気に感化され、いかに自分の生き方が生半可である事に気づき、一気に火がつきました。

また、日本の歴史のおもしろさを「れきべん」を通して知り、日本に夢中になりました。


れきべんとは
私たちは、現在、れきべんという日本の歴史を語り継ぐ勉強会を開催しています。

れきべんは、2011年の秋に大阪で産声をあげ、有志達のご協力もあり全国7ヶ所まで展開を広げ、通算100回以上、累計2000人以上の方々と共に日本について学んできました。

そのれきべんの講師を引き受けてくださっているのが久野潤先生です。久野先生は、れきべんの講師はもちろん、大学での講師業、執筆業などの傍ら、全国の戦争をご経験された方々のお話を伺いに全国を飛び回り、後世に語り継ぐという活動をされています。

▼大阪れきべん




▼滋賀れきべん




▼東京れきべん




現場で確かめる、ということ
今回フィリピンに行き、神風神社参拝やレイテ島を訪れます。また、フィリピンは日本とは切っても切れない関係です。教科書や勉強会ではその関係性を学びますが、実際の所はどうなの?というのが、正直な気持ちです。それは現場の声を知らないからです。

今回の訪問で現場の声を聞き、皆さんに報告する、という事は、日本とフィリピンの関係をこの目で確かめ、日本が本当にやった事を後世に語り継ぐという役目を持っていると感じています。

なかなか現場には金銭的にも行く事は難しいですが、皆さんのご支援を受け、久野先生と共にこの目で確かめたいと思っています。

何卒よろしくお願い申し上げます。


フィリピンの風景(れきべん発起人の川辺さんが撮影)




久野潤先生のプロフィール
1980年生まれ(34歳)
慶應義塾大学総合政策学部総合政策学科卒業(総合政策学士)
京都大学大学院法学研究科国際公共政策 修了(法学修士)
竹田研究財団理事
雑誌への寄稿、著書の執筆や戦争体験者への取材などを精力的に行う傍ら、全国7か所で開催中の「れきべん」(歴史勉強塾)の講師を務める。
【著書】大河ドラマ『八重の桜』のヒロインの物語を綴った「新島八重~とある会津女子の生涯~ (晋遊舎)」、最新刊である「帝国海軍と艦内神社(祥伝社)




久野先生からのメッセージ
フィリピン探索の意義
昨年11月、台風30号がフィリピン中部を襲いました。

死者6000名以上、行方不明者30000名近くという犠牲を出し、特にレイテ州では住宅・施設の8割が壊滅します。

これに対して日本の海上自衛隊から、国際緊急援助統合任務部隊としてヘリコプター搭載大型護衛艦「いせ」輸送艦「おおすみ」補給艦「とわだ」が派遣され、11月22日レイテ湾に到着しました。

70年前レイテ島へのアメリカ軍の進攻を喰い止めるため、日本海軍(大日本帝国海軍)は全力を挙げて作戦を展開しました(40年以上にわたってフィリピンを植民地統治していたアメリカは、その2年前に“欧米からのアジア解放”を掲げる日本軍によってフィリピンから追い払われていました)。

レイテ島だけでも日本陸軍では8万名が戦死し、海軍はレイテ沖海戦だけで30隻近い軍艦を失いました。先人たちは「大東亜共栄圏」という理念に共鳴したアジア諸国の期待を裏切らず、自国固有の領土でないフィリピンを守るために命がけで戦ったのです。

このとき日本海軍はレイテ湾に到達することができませんでしたが、70年目にして日本とフィリピンの想いがつながったかのようです。

自衛官たちは「先人が活躍したところということで失敗は許されまい」と発奮して向かい、フィリピン側も(自分たちが侵略されたといった意識もなく)大変好意的に迎えました。

レイテ島内にはフィリピン攻防戦で命を落とした陸海軍将兵(約10万名)の慰霊碑があります。
フィリピン全土ではさらに多くの戦闘があり、先人たちが死力を尽くして戦いました。

戦争自体の善悪や是非を超えて、つい70年前に日本をアジアを守るためにフィリピンで命がけで戦った同じ日本人のことを、敬意をもって語り継いでゆかねばなりません。

その戦闘の意義は、歴史がしっかりと伝えられたうえで後世、判断されることです。我々の現地調査や当時の関係者に対する聞き取りを通して、事実・実態を広く伝えてゆきます。


▼レイテ島の戦い(米軍撮影)




▼台風被害の様子(2013年/Wikimedia Commonsより)




スケジュール(予定)
・11月 9日(日)関西国際空港→マニラ ※スタッフと顔合わせ&夕食
・11月10日(月)コレヒドール見学→バターンの神風神社→レイテ島→ホテル
・11月11日(火)レイテ島見学→マニラ→関西国際空港
・11月下旬~12月中旬 報告会開催(東京)
・12月6日(土)報告会開催(大阪)


現地帯同メンバー
・久野潤先生
・平井本人(本プロジェクトのチャレンジャー)
・参加者4名を募集


現地スタッフ
・Masaya Kawabe(Guide) ※れきべん発起人
・Ryoko Suda(Travel Agency)
・Mike Alegado(Camera)
・(Driver)
※スタッフは変更する場合があります


現地必要費用
・交通費        186,000円
・報告会開催費用     20,000円
・現地コーディネート費用 60,000円
・宿泊費         50,000円
・食費          15,000円
・事務手数料      137,500円
【合計437,500円】
※コーディネート費用は現地旅行代理店とカメラマンの費用です。2人とも日本語を話せます。


報告会を開催します
○報告会(東京)
※報告会当日参加は3,000円頂戴致します。
※詳細は順次掲載・連絡いたします。

○報告会(大阪)
平成26年12月6日(土)19:00〜21:00(受付18:30〜)
※講義後は懇親会も予定しておりますので、
ご都合宜しい方はぜひこちらにもお越しください。(任意参加)
▼【参加費】3000円 ※2500円以上ご支援頂いた方は無料
▼【場所】 難波市民学習センター 第二研修室
      〒556-0017 大阪府大阪市浪速区湊町1-4-1
詳細・お申し込みはこちらから

このプロジェクトに協力する

募集状況

¥612,000

目標金額:¥ 437,500

達成率  139%

残り
終了
サポーター数
22

募集内容

¥1,000

をサポートいただくと・・・

リターン :
・現地リアルタイム報告(写真や動画などで生リポート)

サポーター数  1

限定数   限定なし

¥2,500

をサポートいただくと・・・

リターン :
・報告会ご招待
※日程が合わず報告会に参加出来ない場合は、大阪か東京のれきべん一般参加を 2 回無料に(通常れきべん参加 1 回 1,500 円)

サポーター数  2

限定数   限定なし

¥3,000

をサポートいただくと・・・

リターン :
・現地リアルタイム報告(写真や動画などで生リポート)
・報告会ご招待
※日程が合わず報告会に参加出来ない場合は、大阪か東京のれきべん一般参加を 2 回無料に(通常れきべん参加 1 回 1,500 円)
・現地のお土産(パパイヤ石けん)

サポーター数  2

限定数   限定なし

¥6,000

をサポートいただくと・・・

リターン :
・現地リアルタイム報告(写真や動画などで生リポート)
・報告会ご招待
※日程が合わず報告会に参加出来ない場合は、大阪か東京のれきべん一般参加を 2 回無料に(通常れきべん参加 1 回 1,500 円)
・報告会後の懇親会ご招待
・現地のお土産(パパイヤ石けん)

サポーター数  15

限定数   限定なし

¥12,000

をサポートいただくと・・・

リターン :
・現地レポートDVD
・現地リアルタイム報告(写真や動画などで生レポート)
・報告会ご招待
※日程が合わず報告会に参加出来ない場合は、大阪か東京のれきべん一般参加を2回無料に(通常れきべん参加1回1,500円)
・報告会後の懇親会ご招待
・現地のお土産(パパイヤ石けん)

サポーター数  5

限定数   残り45口

¥50,000

をサポートいただくと・・・

リターン :
【フィリピン在住者限定】
今回の現地リポートへの参加
(国内航空券・宿泊費・食費など込み)

サポーター数  0

限定数   残り4口

¥130,000

をサポートいただくと・・・

リターン :
【学生限定】
今回の現地リポートへの参加
(国内航空券・宿泊費・食費など込み)

サポーター数  0

限定数   残り4口

¥150,000

をサポートいただくと・・・

リターン :
【社会人限定】
今回の現地リポートへの参加
(国内航空券・宿泊費・食費など込み)

サポーター数  3

限定数   残り1口

"