若者の夢と志がニッポンを変える!! 学生特化型クラウドファンディング【アスレチック・ユニ・バース】


チャレンジャー

メンバーは、木下真奈、川合里香、石塚優花。
2月19日里親プロレスを通して、児童養護施設を訪問。子どもたちの笑顔に触れ、第2回の開催を決意する。

サポーターの声

応援しています!

応援しています!

  • 応援しています!

プロジェクト概要

【里親プロレス】児童擁護施設支援プロジェクト
第2回 児童養護施設の子供たちをプロレスで元気づけたい!

私は、2017年2月19日に開催された児童養護施設での
子どもたちを支援するイベント「里親プロレス」に参加をしました。

2月19日当日は、2試合とプロレス教室が行われました。

私も一緒に観戦させていただきましたが、
子どもたちの熱気のこもった声援と興奮、そして全身全霊で楽しむ姿に、感動しました。

選手が入場する前から「どこからくる?どこからくる?」という
子どもたちの興奮と、会場に走る静かな緊張感ーーーーー。
その後、選手が登場するやいなやの、爆発的な声援の声!
声援は試合中ずっと続き、全力、全身で楽しんでいる子どもたちの姿は本当に輝いていました。

また、試合が進むにつれて、
試合前には「怖い。。」と表情の硬かった5歳の男の子も、
次第にプロレスに魅せられたのか、選手へ声援をおくるほどに。

あとのプロレス教室では完全に打ち解けたようで
男の子が元気に身体を動かしている様子は、
こちらも自然と頬がほころぶ瞬間でした。
プロレスには子どもの心をひらく不思議な力があるのだと思います。

子どもたちは本当に楽しそうに、嬉しそうに試合を観戦していました。
同じ場所で、子どもたちと気持ちを共有できたことをとても嬉しく思います。

この里親プロレスプロジェクトは、
2年ほど前、株式会社ザメディアジョンの山近義幸代表が
プロレスを観戦する子どもたちの
〝ビー玉のようにキラキラした瞳〟に感動したことが始まりです。

「子どもたちがプロレス観戦で目をキラキラさせている姿に感動して、何度も泣きそうになった」と、
2月19日のイベントでも山近義幸代表は仰っていました。

それほどに、とっても素敵な子どもたちの笑顔がみられました。
お話するとすぐに仲良くなってくれて、本当に可愛い子たちばかりです。

そして、このたび、
第2回里親プロレスプロジェクトを開催することになりました!

◆日時 2017年11月25日(土)11:00〜
◆会場 児童養護施設(静岡県伊東市)体育館

ぜひ、多くの皆様と、この感動を分かち合い、
子どもたちに元気を届けたいです!

応援のほど、よろしくお願いいたします!

このプロジェクトに協力する

募集状況

¥5,000

目標金額:¥ 330,000

達成率  1%

残り
39
サポーター数
1

2017/11/01 23:59:00までに目標金額に達すると"プロジェクト成立"となります。その後、ご協力頂いた金額の決済が実行され、チャレンジャーへの資金提供、サポーターへのリターンの提供が行われます。


募集内容

¥3,000

をサポートいただくと・・・

リターン :
・お礼のメッセージ

サポーター数  0

限定数   限定なし

¥5,000

をサポートいただくと・・・

リターン :
・お礼のメッセージ
・11月25日(土)児童養護施設で子どもたちと一緒にプロレス観戦

サポーター数  1

限定数   限定なし

¥10,000

をサポートいただくと・・・

リターン :
・お礼のメッセージ
・11月25日(土)児童養護施設で子どもたちと一緒にプロレス観戦
・11月25日(土)プロレス観戦前に子どもたちの前でスピーチ

サポーター数  0

限定数   限定なし

"